Blog ゴスペル

体験入学受付中

HOME // ブログ // 【初心者向き】一度は歌ってみたいゴスペル名曲

Blog ゴスペル

CATEGORY


ゴスペル

【初心者向き】一度は歌ってみたいゴスペル名曲


ゴスペルと聞いて、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
まず浮かんでくるのは黒人が教会で歌っているイメージや、お揃いのローブを着た人たちがステージで歌っているイメージではないでしょうか。
ゴスペルはアフリカ大陸から連れてこられた黒人奴隷やその子孫たちが歌った曲が起源とされています。
また、ゴスペル(Gospel)の語源は「god spel」で、古い英語で「good」「良い」という意味です。「spel」は「伝える」という意味で、「god」spel」は「良い知らせ(ニュース)」ということになります。
ゴスペル曲は古典的なものから現代的な曲まであり、長い歴史の中で数々の名曲が生まれました。
今回はその中でも、ゴスペル初心者の方が一度は歌ってみたいと思われる曲を厳選してご紹介したいと思います。

目次

【Oh Happy Day 】「天使にラブソングを2」より


1992年に公開された映画「天使にラブソングを」をTVで観たことがある人も多いのではないでしょうか。
ギャングの愛人だったクラブ歌手(ウーピー・ゴールドバーグ)が、殺人現場を目撃し、かくまわれた修道院で巻き起こす騒動を描いたコメディ作品です。
この映画で初めてゴスペルを耳にしたという方もいるはず。
その2作目として作られた「天使にラブソングを2」の中でで歌われた【Oh Happy Day】は
ゴスペルを少しでも知っている方ならどこかで聞いたことがあるはでしょう。もともとはエドウィン・ホーキンスが賛美歌をもとに書いた楽曲ですが、その後さまざまなアーティストによっていろいろなアレンジで歌われてきました。
日本で最も歌われているゴスペル曲の一つで定番中の定番曲です。

【My Life Is In Your Hands 】Kirk Franklin


現在のゴスペル界で有名な人物を上げろといわれたら、真っ先に名前が挙がるであろう人がカーク・フランクリン。
ヒップ・ホップなどの音楽を取り入れ、現代風のゴスペルにアレンジ。アメリカでグラミー賞をはじめ、数々の賞を受賞している、今、最も人気があるゴスペルディレクターの一人です。
カーク・フランクリンのヒット曲は数多くあり、代表作は何?と聞かれると迷ってしまいますが、この「My Life Is In Your Hands」は、来日ライブでもよく歌われる曲です。
観に行った方はご存じだと思いますが、この曲はライブ中に観客と一緒に歌われることが多く、彼のライブに行く際にはぜひ覚えて行って欲しい曲。
美しい音色と深い歌詞にきっと感動を覚えるはずです。

【Every Praise】Hezekiah Walker


歌手でもあり、ニューヨーク州ブルックリンにある教会牧師のヘゼキア・ウォーカーが歌う「Every Praise」も歌ってみたいゴスペル曲の一つ。
シンプルな歌詞と「Every Praise~♪」と繰り返されるメロディーは初心者にとって覚えやすく歌いやすい曲ではないでしょうか。
フラッシュモブ風に作成されたビデオは躍動感にあふれ、観ているだけでも一緒に歌いたくなってきます。

【We Lift Our Hands In The Sanctuary 】Kurt Carr


こちらの曲もゴスペルを歌う人ならぜひ一度は歌ってみたい曲です。
コネティカット大学でクラッシックを学び、美術の学位を取得したカート・カー。
現代的なハーモニー・歌のスタイルと、伝統的なゴスペル構成が人気のゴスペル作家・パフォーマーです。
特にこの曲は転調を繰り返すカート・カーの定番曲で、聴いても歌っていても楽しい曲の一つです。
ゴスペルを歌う醍醐味を感じさせてくれる曲となっています。

【Joyful Joyful】「天使にラブソングを2」より


最後にご紹介する曲は「Joyful Joyful」。
「Oh Happy Day」と同じく、映画「天使にラブソングを2」の中で歌われています。
劇中では、聖歌隊のコンサートで聖フランシス高校の生徒たちが素晴らしいパフォーマンスを発揮し、この曲を歌いあげるシーンが感動的に描かれています。
もともとは有名な賛美歌にベートーヴェン交響曲第9番の第4楽章のメロディー(歓喜の歌)に歌詞を付けたものとなり、今では様々なアーティストが編曲して歌われている人気曲です。
この曲は振りなどをつけながら歌われることが多く、ゴスペルの楽しさを体感しながら歌うことができる曲となっています。

終わりに

ゴスペルの名曲はとても多く、まだまだご紹介しきれない曲が数多くあります。
また最近ではゴスペルの認知度が高まっているとはいえ、まだまだゴスペル人口もそれほど多くありません。
歌は歌ってみたいけど、合唱は敷居が高いし、ゴスペルは難しそう。
そんな声をよく聞きますが、誰でも子供のころから歌を歌ってきたはずです。
年齢・性別・職業など全く違う人が集まり一緒に歌うことの喜びを一度でも感じてみてください。
人と一緒に奏でるハーモニーを感じてみてください。
きっと、歌うことの喜びを再発見することでしょう。

※無料体験レッスン 随時受付中♪
東京・銀座ゴスペル教室 Milky way Choir

おすすめブログ

ゴスペルとは?を歴史をだどりながら【わかりやすく解説】しています。ご興味のある方はぜひ御覧ください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧